読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のジュエリー&アクセサリーNOTE

アクセサリーの収納やディスプレイ、ジュエリーのことなどまとめたノートです

そもそもコスチュームジュエリーってどんなジュエリー?

スポンサーリンク

 

 「 身に着けた人の個性を主張する」という意味のアメリカで大人気のステートメントジュエリー。

そのブームは1930年代以降のコスチュームジュエリー人気の再来ということはすでに述べました。

 

時代を超えて人気の「コスチュームジュエリーの世界」には奥深いものがあります。ここではコスチュームジュエリーとはどんなものなのかを、歴史的背景をひもときながらまとめてみたいと思います。

 

コスチュームジュエリーとは?

 

コスチュームジュエリーとは高価な宝石や金・プラチナなどの貴金属を使わずに、ガラスやプラスチックなどの人造宝石と、合金などから作られたイミテーションのジュエリーアクセサリーの総称です。

 

舞台や映画で衣装コスチューム用に着けられたジュエリーを起源とするという説もあります。

 

素材や色、デザインの制約がなく大胆・自由な発想で作られていて、素材の価値よりもデザインと装飾性を楽しむジュエリーアクセサリーということになります。

 

コスチュームジュエリー先駆者はあのスーパースター・デザイナー

  

フランス語ではビジュー・ファンテジー。Bijoux fantaisies 

1920年代のパリのファッション界で一番最初にコスチュームジュエリーを流行させたのが稀代のスーパースター・デザイナー、ココ・シャネルでした。 

 

シャネルのパールネックレス:1920年代

シャネルのパールネックレス

 

第一次世界大戦後の女性の社会進出にともなって、自由や自立を求める女性たちに絶大な支持と人気を得たシャネルでしたが、次のような有名な言葉があります。

 

「ファインジュエリー(宝石や貴金属で作られたジュエリー)には財産的な意味を持ってしまうが、おしゃれのための美を求めるなら、石や金属の価値ではなく、そのデザイン性にこそ価値がある。」

 

「本物であろうとそうでなかろうと、商品に総合的に客が満足できれば価値はあるのだ。」

 

「コスチュームジュエリーを身に着ける女性は、宝石につられて男性に金で買われることも騙されることもない自立した女性である」

 

シャネルのヴィンテージ・カメオブローチ

シャネルのヴィンテージ・カメオブローチ

 

1950年代ヴィンテージ・シャネル

1950年代ヴィンテージ・シャネル・パールネックレス

 

その後、ヨーロッパの社会情勢の悪化とともに1930年代、ユダヤ人を含む高い技術を持つコスチュームジュエリーの職人たちがアメリカへと亡命しました。

 

この頃からコスチュームジュエリーの舞台がアメリカに移り変わります。

 

ヨーロッパでは貴族や上流階級の間では「コスチュームジュエリーはしょせん、模造宝石の安物」という価値観がまだ根強かったのですが、アメリカに渡ってはじめて、その価値と存在が評価されるようになったのです。

アメリカ本国でも自然と自国の文化にとけこみ、その後多くのコスチュームジュエリーメーカーが育っていきました。

 

コスチュームジュエリーの舞台はアメリカへ

 

シャネルに大きな影響を受けた、アメリカのコスチュームジュエリーの女王ミリアム・ハスケルは独自の技巧とセンスで、芸術的と称賛される作品を次々に産み出しました。

彼女は数あるコスチュームジュエリーデザイナーの中でも別格の存在と言われています。

 

ミリアム・ハスケル・パリュール

ミリアム・ハスケル・パリュール

 

ハスケル・ジュエリーの美しい当時の広告

ミリアム・ハスケルジュエリーの美しい当時の広告

 

その後ハリウッド黄金時代までトリファリ、アイゼンバーグや、ハリウッド女優がスクリーンで愛用したジョセフ・オブ・ハリウッドといったコスチュームジュエラーらの量産品が花開く時代へと続きます。

 

女優達が身に着けた豪華なコスチュームジュエリーは、ハリウッド黄金時代に多くの一般女性にも爆発的な人気を得ることになりました。

 

オードリー・ヘプバーンやマリリン・モンローなど多くの女優たちが各ブランドの広告塔となり上顧客の名を連ねました。

 

大女優ジョーン・クロフォードの没後には、自宅に大量のハスケル作品が見つかりました。

 その一つ一つが買った時の箱に丁寧に包まれ、日付や値段まで書いたリストが見つかり、いかに大切にしていたかがわかるというエピソードは有名です

 

ミリアム・ハスケル:ヴィンテージブローチ

ミリアム・ハスケル:ヴィンテージブローチ

 

コスチュームジュエリー全盛期に活躍したデザイナーやブランドは、パリ発のシャネル、ハスケル、スキャパレリ、クリスチャン・ディオールと、アメリカンブランドと成長した、トリファリ、アイゼンバーグ、ジョセフ、ワイス、コロ、リージェンシー、ロバート、デマリオ、ハグラー、ヴァンドーム、モネなど多数あります。

 

トリファリジュエリー:美しくもセンスあふれる広告

 

上流階級の人々にも浸透してゆくコスチュームジュエリー

 

1950年代には「王位を捨てた恋」で有名な王族のウインザー候が、婦人にハグラ―のバングルをプレゼントしました。 

 

アイゼンハワー大統領夫人が大統領就任式にトリファリのパリュール( 同じ素材とデザインの2点以上のセット )を身に着けて話題になるなど、女優や一般女性だけでなく、このように普通なら「本物」のファインジュエリーオンリーであるはずの上流階級の社交界でも、人々に受け入れられるようになり浸透していったのです。

 

古き良き時代の象徴として、いまだに崇拝者の絶えない1960年代のファッションリーダー、故ケネディ大統領夫人のジャクリーン・ケネディ・オアシス。

彼女もコスチュームジュエリーの愛用者の一人でした。

 

ジャクリーン・O's :ガラスパール2連ネックレス

ジャクリーン・O's :ガラスパール2連ネックレス

 

ジャクリーン・O's:ラインストーンネックレス

ジャクリーン・O's:ラインストーンネックレス

 

d9408f790e5992b75dfdfc0f51191eca

ジャクリーン・O's・グリーン系の多連ネックレス

が目を引くインド訪問タージマハール

 

ジャッキーのようなステイタスある地位にいる女性なら、ダイヤやルビーなど本物のジュエリーを身に着けるのが普通でした。

もちろんジャッキーは宝石もたくさん持っていたのですが、なぜフェイクのコスチュームジュエリーを好んで身に着けたのでしょうか。

 

それはフェイクなら、本物の宝石や天然石やでは高価すぎて得ることのできない「ボリューム感」や「大胆なデザイン」が手に入ったからです。

 

ジャクリーン・O's遺品:サザビーズで競売にかけられた大ぶりのケネス・ジェイレーンの2点セット

ジャクリーン・O's遺品:サザビーズで競売にかけられた大ぶりのケネス・ジェイレーンの2点セット

 

ジャッキーはコスチュームジュエリーが似合うようなラウンドネックのワンピースや、シンプルで上質の服を着こなした姿でたびたび公の場に現れました。

 

高額の宝飾品も着用して、時には安価なコスチュームジュエリーでお洒落を楽しんだのですが、装飾性の高いデザイン重視のネックレスを、ファッションのアクセントにするという彼女なりのポリシーがあったといわれています。

 

アメリカのファッション産業の一文化を築きあげたこの時代のコスチュームジュエリーは、現在アンティークやヴィンテージ品として、世界中の熱狂的なファンやコレクターもいるほどになっています。

 

採算度外視の丁寧な職人技で精巧に作り込まれたシャネルやハスケルの作品は入手困難なコレクターズアイテムとなっています

 

CORO ヴィンテージ:アメジストラインストーンパリュール

CORO コロ:ヴィンテージ:アメジストラインストーンパリュール

 

時代を超えて女性に不可欠なコスチュームジュエリー

 

1960年代以降になると、化学的な新素材の開発がコスチュームジュエリーに良い意味でも悪い意味でも影響を与えました。

 

効率重視の安価な大量生産品が多く出まわり、結果的にもともとフェイクであるコスチュームジュエリーに対するイメージが低下するという皮肉な結果を招いたことは否めません。

 

ヒッピー文化のラフで着飾らないファッションが支持されたこともあり、一時的になりますがこの頃はアクセサリーの需要が減った時期でもありました。

 

1970年代以降は保守的なファッションが再び流行し、高品質のコスチュームジュエリーがプレタポルテ(高級既製服)のブランドの服と組み合わせるために選ばれたため、人気が盛り返しました。

 

1d48d4506a33de82281bb5628322523a

vogue 1975

 

人々の商品や作品に意味を求めたがる傾向が強くなっている現代においては、芸術作品のようなヴィンテージのコスチュームジュエリーの方が安物のファインジュエリーより、よほど価値があって高価であることにはうなづけます。

 

どんな時代においても、洋服を引き立てて、身に着けた人の個性を表現するためには、何らかのアクセサリーを含む装飾品が必要となります。

装飾品はコーディネートの道具として使用するのに、決して本物でなくてもよいのです。

 

コスチュームジュエリーには本物のジュエリーの小さなサイズ内では表現できない圧倒的な存在感があります

 

今ブームのステートメントジュエリーも、そうした女性のニーズに応える大切なファッションツールとして「主張」し続けているのだと思われます。

 

参考:別冊太陽「コスチュームジュエリー」平凡社 

 

コスチュームジュエリー関連・おすすめの書籍

コスチュームジュエリー―1920sー1970s (別冊太陽)

コスチュームジュエリー―1920sー1970s (別冊太陽)

 

こちらは国内で出版された数少ないコスチュームジュエリー解説本の永久保存版です。

初心者からコスチュームジュリーファンまで幅広く楽しめる内容になっています。

 

インターネットで多くの情報を得られる昨今ですが、ハスケル、ディオールなどの作品はネット検索では限界があります。ですがこの本には往年の珠玉の名作が数多く抜粋・紹介されています。

個人的にはジャクリーン・ケネディ・オナシスの遺品の特集ページが印象に残りました。(この記事でもご紹介したかったのですがネット上ではどこを探しても見つかりませんでした。)

 

トップコレクターや有名老舗店からこの本のために特別に集められたように思える素晴らしい名作コレクションが見られることが、絶版になったにも関わらず本の人気が高止まりし続ける理由なのだと思います。

 

Miriam Haskell Jewelry

Miriam Haskell Jewelry

 

コスチュームジュエリーの世界でも別格の存在と言われる人気のミリアム・ハスケルファン必見の一冊です。

 

渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション

渡辺マリのミリアム・ハスケルコレクション

 

ミリアム・ハスケルコレクションについて日本語で書かれた数少ないコスチュームジュエリー解説本です。

 

Costume Jewelry (DK Collector's Guides)

Costume Jewelry (DK Collector's Guides)

 

洋書ですがコスチュームジュエリーが満載で見ているだけでワールドに浸れます。一冊でコスチュームジュエリーメーカーそれぞれの特徴などがわかります。洋書ですが写真を見るだけで十分な価値があると思いました。この分野の目利きの方々が絶賛されている一冊です。

 

Fabulous Fakes: A Passion for Vintage Costume Jewelry

Fabulous Fakes: A Passion for Vintage Costume Jewelry

 

 フェイクという表現もあるコスチュームジュエリーですが、時代ごとにのコスチュームジュエリーがわかりやすく紹介されています。たくさんのコスチュームジュエリーが満載で写真も美しいです。

 

jewelry.soboku.jp