読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のジュエリー&アクセサリーNOTE

アクセサリーの収納やディスプレイ、ジュエリーのことなどまとめたノートです

ネックレスで一点豪華主義・どんな服にも合わせられる【アクセサリーの着こなし術】

スポンサーリンク

7fff1b215431469ef3be254d088e859d

La Boheme

アクセサリー使いや着こなしにルールや決まりはない

 

アクセサリーがお好きですか?それともノー・アクセサリー派ですか?

 

お洋服や靴やバッグかける予算でいっぱいで、アクセサリーは一番最後になり、ついつい忘れられやすいファッションアイテムかもしれません。

服を着ずに外出はできませんが、ジュエリーアクセサリーはつけなくても一向に平気ですから・・・。

 

そういった意味で、コーディネートの最後に必ずアクセサリーをスパイス的にプラスする女性は、ファッションに対する美意識の高い人だと思います。

 

また、ジュエリーアクセサリーは、人からのプレゼントなどで複数持っていたとしても、つけ方や合わせる服がよくわからないなど、ジュエリーボックスにしまったままの女性も多いと聞きます。

 

あまりむずかしく考えずに、一度お手持ちのジュエリーやアクセサリーをチェックするなど見直してみませんか?

 

宝の持ち腐れになるよりは、使えそうなものは試してみて、絶対に好みでないものは思い切って処分するなどしてみましょう。

そうすることによって、自ずとアクセサリー使いに対する意識も高まるものです。

 

アクセサリー使いや着こなしに、ルールや決まりはないのです。

ただTPOや、合わせやすいスタイルやタイプと季節、トップスのネックラインの空きぐあいや、長さなどの一定のガイドはあることはあります。

 

今回から「アクセサリー着こなし術」として、色々な視点からアクセサリー使いや着こなし例を、ステートメントネックレスの本場、アメリカの海外サイトより抜粋しました。

 

172fe37ca652aea7b06670f5f8b97308

アナ・ウインター

CHANELのスーツにステートメントネックレスを1点・顔まわりを華やかに

 

ネックレスで一点豪華主義は意外にどんなスタイルでも着回しOK

 


洋服の流行は季節ごと、その年ごとにめまぐるしく変わっていきます。

最近ではファストファッションの台頭で、手ごろな値段で流行のスタイルを買い求めることができるようになりました。

 

あるいはブランドものにこだわる人も依然多く、どの時代でも人のファッションに対する好みは千差万別、十人十色です。

 

最先端のファッションばかり、追いかけるのに飽きた大人の女性から、少々値は張っても上質素材のもの、シンプルで、長く着まわすことができるデザインのものにいずれは行き着くのかもしれません。


何が自分に似合うのか、自分にとって良いものとそうでないものの取捨選択を繰りかえしている内に、自分がより素敵にみえるスタイルを少しづつ見い出すようになるものです。

そんな女性はアクセサリーを選ぶときにも、本物だけが持つ良さがわかるはずです。

 

なにも高価なジュエリーのことだけを言っているのではありません。

フェイクものや人造パール・プラスチック・樹脂など安価で軽い素材の大量生産品でなく、意匠をこらした1点物のデザイナーズ・アクセサリーを数点だけ所有して、長く楽しむ・・・。

 

ジュエリー・アクセサリー好きな大人の女性はこんな感じの人が多いように見受けます。


DSC04667-756x1024

maya_shift2-227x300

 

MEGAN AUMAN 2014

上の大ぶりネックレスは、アメリカのジュエリーデザイナー、MEGAN・AUMANのステートメントネックレスです。

シンプルなのでオンにもオフにも応用のきくタイプのアクセサリーの良い例になります。

ステートメントジュエリーについてはこちら

jewelry.soboku.jp

 

シーン別に、またはその日の気分で選んだファッションに合わせると、同じタイプのネックレスでも、がらっと印象が変わるセンスアップ例をご紹介します。

 

ネックレス使いで素敵に見える12のコーディネート例

MEGAN AUMAN より引用

 

「私はデザインの良いステートメントネックレスが大好きです。(私がジュエリーデザイナーだからというわけではありません)

ステートメントネックレスは、服のコーディネート全体を、ぼやけたものから、はっきりした印象へと変えてくれる一番簡単な方法なのです。

多くの人がステートメントネックレスを、ただのファションアクセサリーと思う傾向にありますが、私はステートメントネックレスはどんな時でも、昼夜を問わず、いつでもどこでも使えるものだと信じています。

そのことを下の12の例が証明するでしょう。」

 

I love a good statement necklace. (And it’s not just because I’m a jewelry designer.) A statement necklace is the easiest way to take an outfit from boring to bold.

Most people tend to think of statement necklaces as a fancy accessories, but I believe you can wear a statement necklace anytime, day or night, with pretty much anything.

 

以下、同じタイプのアクセサリーを使いこなす12のコーディネート例をご覧ください。

f:id:soboku-kobe:20161003163544p:plain

1:マキシ丈ロングスカート 2:パーティドレス 3:ペンシルスカート 

4:オフィススタイル・ワンピース 5:ベーシックシャツ&ボーイフレンドデニム 

6:チュニック&レギンス  に合わせて

 

 

5のデニムスタイル以外は、大胆なほどのプリント柄のアイテム使いなので、少々難しめのコーディネートですが、それぞれのアイテムとバッグや靴などとの、「つなぎ」役がこのステートメントネックレスといえます。

 

もちろん「つなぐ」だけでなく、やや足し算が多いコーディネートを、センス良く引き立てていると感じませんか?

ピンとこない方は一度、この服のスタイルにアクセサリー抜きのイメージをしてみてください。

 

このデザイナーが言うように、柄物や個性的なアイテムの組あわせで、ぼやけがちな全体の印象を上手に引き締めるアクセントとしての役割が、このステートメントネックレスにあるのです。

 

後半へと続きます。

 

f:id:soboku-kobe:20161003163638p:plain

7:ワンピース&カーディガン 8:ミニワンピース 9:マキシ丈ドレス

10:革ジャケット&ワンピース 11:ブラックカラードレス 12:クラシック白シャツ   と合わせて

 

洗練されているものの、個性的なスタイルばかりですが、見ているうちにコーディネートにアクセサリーなしなんて、考えられなくなってきませんか?

一点豪華主義で十分、他にピアスやブレスレットは必要なさそうですし、全体的にこなれた感とセンスの良さが、見る人の視線を惹きつけるように思います。

 

一方、私自身がそうなのですが、シンプルスタイル好きの人にとっては正直言って、派手なプリントものには抵抗があります。

それでも例えば、上記のコーディネートから「プリントアイテム」を、ほかの無地のシックなものと取り換えてみると、誰にでも真似しやすいスタイルが完成しそうです。

 

その場合にもやはり、プラスオンでアクセサリーが欲しいところです。

 

もちろん、この他にも幾通りのパターンが考えられます。

一度大ぶりアクセサリー(ステートメントネックレス)使いを知ってしまえば、アクセサリーがコーディネートの必需品になるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたか?

線の細いネックレスやプチジュエリーと違い、個性的なデザイナーズアクセサリーは、一見合わせる服やシーンを限定しがちですが、今回の12の例のように案外どんなシーンやスタイルにも応用できることを教えられました。

 

1点モノのアクセサリーは、それなりに値段が張るので購入する際は躊躇するかもしれませんが、その分品質も良いので、流行に左右されず、長く使えます。そうなると愛着さえわき、ますます身に着けるのが楽しくなるものです。

長い目でみれば、色々な意味で決して高い買い物ではないのかもしれません。

 

MEGAN AUMANさんのサイトで販売されています

 

 ステートメントジュエリーの着こなし例

jewelry.soboku.jp

jewelry.soboku.jp